山林で見つかった事件

行方不明だった名古屋市のパート従業員、野田みゆきさん(53)の遺体が滋賀県の山林で見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された土木作業員西田市也容疑者(20)らが「事前に遺体を埋める場所を決めていた」との趣旨の供述をしていることが4日、捜査関係者への取材で分かりました。
捜査関係者によると、西田容疑者と少年はともに多賀町に隣接する愛荘町の出身で、同じ中学の先輩と後輩の関係でした。
愛知県警は2人が遺棄現場周辺に土地勘があったとみているようです。

参考URL:http://www.sankei.com/west/news/170804/wst1708040018-n1.html